レスポンス、自動車メーカー/サプライヤーのためのオンライン展示会開催、出展社募集開始

株イードが運営する日本最大級の自動車総合ニュースサイト「レスポンス」は、自動車メーカー/サプライヤーを中心とした、自動車の最新技術のオンライン展示会「Response VIRTUAL AUTOMOTIVE ENGINEERING EXPO 2020」を2020年5月29日より開催します。

「レスポンス」では、コロナウイルスの影響により例年開催されている展示会や発表イベントの中止を受け、バーチャル形式でのオンライン展示会の開催を決定いたしました。同サイトに「Response VIRTUAL AUTOMOTIVE ENGINEERING EXPO 2020」特集ページを設置し、Webの特性を生かした記事や動画で、最新の自動車技術の情報を徹底紹介。動画についても、自動車メーカーの実績が多数あるレスポンスの撮影チームにて、クオリティの高い動画を撮影/提供することで、自動車技術の最先端をご紹介いたします。

具体的には、特集ページをEXPO会場に、記事(動画埋込み可)を出展企業ブースに見立て、最新の製品・サービスの特長や活用事例を、解説、担当者インタビュー形式で紹介。コンテンツを追加・更新することで、長期的にEXPOを盛り上げてまいります。

■背景

自動車業界は今まさに「100年に一度の大変革の時代」を迎えています。CASE/MaaSを中心に自動車を中心としたテクノロジーやサービスは急速に進化を遂げると同時に、変化が求められています。電動化はもちろん、「レベル3」の実用化が近づく自動運転技術、そして5G通信を活用した、自動車と自動車、自動車と○○の相互通信によるコネクティッドサービスの多機能化など、自動車に求められるもの、その期待は高まるばかりです。

■目的

一方で、コロナウイルスの感染拡大にともなう緊急事態宣言により、各種展示会や発表イベント等が中止となり、新技術やサービス、ソリューションの発表機会が失われており、経済へのダメージも深刻化しつつあります。自動車の今と未来を伝える自動車総合ニュースサイトである「レスポンス」ではその発信力を活かし、こうした状況を打破するべく、自動車メーカー、サプライヤー、各種関連企業の積極的な情報発信の場を設けることで、業界の発展の一助となることを目指してまいります。